自宅サーバーとVPSの使い分け

雑談

今回は自分なりの自宅サーバーとVPSの使い分けの仕方を紹介します。

そもそもの話になってはしまうのですが、自宅サーバーとVPSの簡単な説明をさせていただきます。

自宅サーバーとVPSの説明

自宅サーバーとは?

自宅サーバーとはそのままの意味で、自宅で運用するサーバーのことを言います。

こんな感じのものです。

VPSとは?

VPSとは、自分の家ではなく、ホスティングサービスを貸している会社のサーバーの一部を使っているもののことを言います。レンタルサーバーと違う点として、root権限を使うことができるので、自由にアプリケーションをインストールすることが出来るサービスです。

専用サーバーではなく共用サーバーになるので、パフォーマンスの低下などがありますが、値段が安いので使っている方も多いサービスになります。

VPSの例として、
さくらのVPS

ConoHa VPS

Windows ServerなどはVPSで契約するとかなり安いです。ライセンス込みの値段になっているのでおすすめです。

どちらを使うべきか?

このような方は自宅サーバーを使うべき!

  • ファイルサーバーを使っている
  • 録画サーバーを使っている
  • ハードが大好き
  • メモリをかなり使うもの
  • ゲームサーバーを使っている

このような用途で使われる方は自宅サーバーを使うべきです。

人にサーバーを貸したり、ゲームサーバーを運用する方はスペックがかなり必要になってくるので、VPSよりも自宅サーバーの方がいいです。(というかそうしないと破産しますw)

このような方ならVPSがおすすめ

  • あまり使わない
  • WebServerしか使わない
  • メモリが少ないサービスを動かす
  • 安定性重視

このような方はVPSのみで十分です。

安定性のことを考えると自宅サーバーよりも断然VPSです。お家に自家発電がある方は別ですが…(^_^)v

自宅サーバーとVPSの両方を使うべきな人

安定性とハードな使い方をする人(ゲームサーバーや人にサーバーを貸すような使い方)は自宅サーバーとVPSの両方を使うべきです。

あまり、止めたくないサービスをVPSで動かし、ストレージサーバーやゲーム系のサーバーを自宅サーバーで動かすような運用の仕方が一番いいと思っています。

私自身もそのような運用の手段を取っております。このブログはレンタルサーバーで運用していて、個人で使う物(あまり止めたくないもの)をVPSで、ストレージサーバーやゲームサーバーを自宅サーバーで運用しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました